Service

2つのソリューションエンジンで、新規顧客を探し出す「Data Chemistry」。

ADKマーケティング・ソリューションズとジェイアール東日本企画、東急エージェンシーによる新会社「Data Chemistry(データ・ケミストリー)」。
消費者のインサイトを導き出し、施策まで提供するための2つのソリューションエンジンを保有しています。
数千人規模のシングルソースで構成されたパネルデータ『3D データベース』では、デモグラフィックデータに加え「テレビ・Webの接触履歴」「購買履歴」「生活意識」の各データが統合。
より詳細に、より正確に顧客のプロフィールを把握することができます。
全数データをベースに構築したDMP『DC Catalyzer』は百万台規模の「テレビの視聴ログデータ」をベースに、「Webメディアにおける行動ログ」「意識調査」等を集約。企業のプライベートDMPや顧客情報との連携を行い、顧客像を可視化した上で、その人に対して態度変容を促すアプローチが可能です。
課題に合わせてエンジンを使いわけ、ときには2つのエンジンを組み合わせて分析を実行。
既存顧客の理解を深め、その延長線上で企業の生命線ともいえる新規顧客を探し出し、効率的にアプローチしていきます。
http://data-chemistry.co.jp/